2007年入社 資材管理課 堤 雄一

今、どんな仕事を?

バイヤーと言われる調達の仕事をしています。
製品には多くの部品が使われていますが、その部品一つひとつの単価の決定、納期調整やトラブル対応をしています。長浜キヤノンと取引先の窓口となり、品質の良いモノを安く、安定的に購入することが私の仕事です。

なぜ長浜キヤノンを就職先として選んだ?

就職活動中さまざまな企業と接しましたが、他の企業と比べて温かい雰囲気を感じたからです。会社説明会や採用面接の中で接した社員の皆さんが温かい方ばかりでした。
また、パソコン・プリンター・カメラなど家電好きというのも理由のひとつです。
どのように製品がつくられているのか興味があり、それを学ぶことができる長浜キヤノンを選びました。

思い出深いエピソード、もしくは仕事のやりがいを

難しい調整を自分一人で解決できた時、やりがいを感じます。私は社内と取引先の窓口であり、様々な調整業務を依頼されます。それがうまく調整ができたことで社内外から頼られるようになったとき、自分の成長を感じ取ることができ、面白さも感じられます。

ただ、失敗することもありました。部品の納品調整がきちんとできておらず生産予定日になっても部品が納品されないため、生産を止めてしまったことがありました。自分一人のミスで何十人の人に、そして会社にも迷惑をかけてしまいました。今となってはいい勉強ができたと前向きに捉えています。

職場の雰囲気・環境は

忙しい時もありますが、年齢の近い人も多く協力し合って仕事に取り組むことが出来る良い職場です。仕事中はバリバリと業務に向き合う感じですが、休憩時間には笑いも起こり雰囲気も良いです。また、事務所内は整理整頓されており環境も良い会社だと思います。

仕事とプライベートの両立はどのように?

福利厚生が充実しており休暇も取りやすく、仕事とプライベートの両立がしやすい会社だと思います。

もちろんそのためには同僚・上司にしっかりと報・連・相を行い日々の業務を滞りなくすることが重要です。仕事がおろそかになってしまっては同僚や上司やからの信頼を得られませんが、しっかり仕事をしていればプライベートも応援してくれると思います。

就活中の学生のみなさんへのメッセージを

やりたい仕事が見つからない人は多いと思います。ただ、何もしなければ始まらないので、まず行動することが大切です。合同企業説明会などいろいろなところに出かけてみてください。そこでは多くの人・企業と出会うことができ、何か役立つ情報がきっとあると思います。

また、うまくいかない時は友人や家族に相談するなど、誰かに頼ることも必要です。自分らしさを出せるよう頑張ってください。

SIDE VIEW

高校、大学、社会人と続けてきた陸上競技、専門は100m!!
今は滋賀県短距離チームのコーチとして、週末は中学生や高校生と一緒に走っています。

『滋賀を日本一のチームに!!』を目標に頑張っています。