2006年入社 第二製造部カートリッジ生産統括区 小倉 英樹

今、どんな仕事を?

レーザービームプリンタに使用するトナーカートリッジの製造部門に従事しており、品質全般を向上させる仕事をしています。品質と一言で言っても、人の品質、装置の品質、物の品質という風に、様々な品質が存在します。そこで私たちは、もっと良いものを、より安く、より安定して作ることができるよう、日々、人・部品・装置(製造ライン)に目を向け、日々の変化を察知したり、より安定した製造条件の検討などをしています。

なぜ長浜キヤノンを就職先として選んだ?

私が入社する以前から、環境に対して積極的に取り組んでいる会社でした。今でこそ、省エネ・節電と叫ばれていますが、それよりもずっと前から意識が高く、そんな企業であれば、世の中の最先端のニーズにあった製品を作り出しているはずだと思い、志望しました。また、就職活動の中で、採用担当の方の印象が良く、自分もこんな人たちと働きたいと感じたからです。

思い出深いエピソード、もしくは仕事のやりがいを

ものづくりの会社において、製造部門はまさにものを作っている最前線に立っています。つまりは製品の善し悪しを決めるのは自分達次第ということになり、日々緊張感をもって仕事にあたっています。それが、責任感でもあり、やりがいでもあります。製造ラインも手組セルから最先端の自動機まで多種多様であり、それぞれのラインに実に多くの人々がかかわっています。皆が協力して作った製品が、実際に店頭に並んでいるところを見ると、手掛けた製品を身近に感じ、より一層やりがいが湧いてきます。
また、日々成長していくことが、自分のやりがいです。成長と言っても、そんな大げさなものではなく、小さなことでも、今日できなかったこと・知らなかったことが、明日できる・わかるようになれば、それは成長だと思います。カートリッジの製造部門に異動してまだ半年ほどですが、新しい発見と成長の毎日です。

職場の雰囲気・環境は

日頃、和気あいあいとした雰囲気です。どうしても、仕事の話になると熱が入って厳しくなることがありますが、皆がより良い製品を作ろうという思いは同じなので、前向きな意見の出し合い、柔軟な協力体制へとつながっています。また、自らの意見をガンガン提案でき、会社の発展になることであれば積極的に受け入れられる社風です。どんな部門でも、自らリーダーシップを発揮し、突き進めたい方にはピッタリな会社だと思います。

仕事とプライベートの両立はどのように?

私の職場では、残業が多い時期もありますが、基本的には定時に仕事は終わるため、終業後はプライベートの時間に充てることができます。また、土日は基本的に休日のため、計画も立てやすく、仕事とプライベートを両立しやすい環境だと思います。ゴールデンウィークやお盆は長期休暇のため、長期の旅行に行くなどしてリフレッシュしています。"仕事中は仕事モード、プライベートでは仕事のことを完全に忘れること"が、両立の秘訣です。

就活中の学生のみなさんへのメッセージを

自分が何をやりたいかを見つめなおす時期です。できるだけ多くの企業説明などに出向くことや、日頃の自分を思い返すことで、意外と自分の知らない自分のやりたいことを見つけことができると思います。そして、ここなら自分のやりたいことができそう!ここの考え方は自分とあっている!こんな人たちと仕事がしたい!と感じることができ、自分が生き生きと楽しく成長できる企業を是非見つけて下さい。

SIDE VIEW

高校時代にバイクの免許を取ってから、毎年ツーリングに出かけています。写真は今年27年目を迎えた愛車です。最近は近場になりがちなので、久しぶりに長距離ツーリングしようかと計画中です。