会社情報

環境活動

ISO14001

聖域なき環境への挑戦。

温室効果ガスの増加による地球温暖化現象、森林伐採によって急速に進む生物種の絶滅など、世界中で環境問題が叫ばれています。
キヤノンは、技術革新と経営効率の向上で「豊かな生活」と「地球環境」が両立する社会を目指す環境ビジョン「Action for Green」を掲げ、多くの価値をより少ない資源でつくりだす「資源生産性の最大化」を追求し、環境負荷の低減を図っています。
長浜キヤノン株式会社は、キヤノングループの一員として環境保証活動を経営の最優先課題とし、省エネ、省資源(廃棄物・化学物質・水使用量の削減)活動を積極的に推進しています。また、日本でいち早くISOの前身であるBS7750(国際環境認証)を1995年12月に取得し、1997年3月にはISO14001(環境認証の国際規格)を取得しています。 我々は、地球環境にやさしい生産活動を実践し、"地球と私たちの「共生」の社会"に向けて確実に歩み続けます。

省資源活動

当社は、排出されたものをいかに有効利用するか、という取り組みだけではなく、排出量そのものを削減する活動を行っています。なかでも、生産材料として納品される部品の梱包材は、使い捨てするのではなく何度でも使える材質のものに切り替え、廃棄物発生抑制を図っています。
更には、より少ない材料からより多くの製品をつくりだすために様々な技術検討や生産工程変更を行い、廃棄する残材料の削減も行っています。
また、徹底した分別は、再資源化および有価物化の第一歩です。当社は、社員の手による排出物の徹底した分別(約50種類)を行っています。

ダンボール圧縮梱包機と圧縮されたダンボール

廃ダンボールは、分別後に社内で圧縮梱包を行い、製紙メーカーに製紙原料として有価売却しています。
共生の理念に基づいて環境保証に積極的に取り組むこと、それは私達にとってすべてに優先するテーマです。

廃棄物削減活動

廃棄物削減活動は長浜キヤノンが全社一丸となって取り組んでいる項目です。

エコ保全

生産装置を安定的に稼働させるためには定期的に装置部品を交換しなければいけません。これらの交換した部品は今まで全て廃却していましたが、それらを再生修理して再利用できるようにし、廃棄物の削減に取り組んでいます。
私たちは装置を安定的に稼働させることのみでなく、それによって出る廃棄物までを考えた保全活動を進めています。現在では技術部門と検討を重ねながら、再利用できる部品点数を増やしています。

徹底した分別

生産をする中で出る廃棄物はそのまま捨てるとゴミでしかありませんが、分解すると有価物になります。例えば部品が梱包されてたビニール袋やシート。色で分けて圧縮することで廃棄物ではなく有価物になります。これらは環境部門で分別を行うのではなく、製造工程においてゴミが発生した段階で分別をしています。

写真:徹底した分別

さらに、OPCドラムやローラーなど分別するときに力を入れないと分別できないものもあり、これらは分別時に手を傷めたり、時間がかかったりという弊害がありました。これらを解決すべく、社内でからくり工具を開発・作成して安全効率的な分別ができるようにしました。

写真:徹底した分別

長浜キヤノンは滋賀県環境保全優良事業所として2年連続受賞をしています。